もちろんそこに科学的な根拠はないものの、私は100歳まで生きるものと確信している。

死ぬ前日まで気功治療家として全力で仕事を行い、そして100歳を越えた在る朝、起きることなく布団の中で死んでいる...それが私の最期である。

年下ではあるが妻は私より早く逝くだろうし、息子たちには私が死んでも決して悲しむ必要はないと既に伝えてある。

戒名無用、葬式無用。

肉の鎧を脱ぎ捨てて新しいステージへと旅だった私をむしろ祝って欲しいと願う。

ただし、ある日突然逝くとなればあれこれ諸問題も発生する。

気功治療院白樺関連では先にお預かりしている治療代金が問題となってくる。

継続して私に治療を依頼して下さる方の多くが10回コースとして40,000円を振り込んで下さっている。

よって、10回の内まだ3回しか治療を受けていないのに私が突然逝ってしまうというような事態がいずれ当然生じる。

そんな問題を未然に解消しておくため、私はあるプランを予定している。

それが90歳なのか何歳なのかはまだ決めていないが、とにかく私がある特定の年齢に達したならば、以後治療代金は一切受け取らない。

例えばそれが90歳と決めたならば、誕生日が来るのと同時に気功治療院白樺のサイトを閉鎖し、ネット経由の新規依頼者をゼロにする。

そして、その日以後は私からの恩返しとして過去に治療を依頼して下さった皆様の治療を無料で行いながら余生を過ごす。

ただし、過去の依頼者全員を対象にするわけにはいかないだろう。

その時の私の気力体力に応じ、一日に治療する人数をおおむね10人にするのか、20人にするのか、30人にするのか決めさせて頂こうと思う。

それにより、私としてはなはなだ不本意ではあるものの、人数に制限をかけるため、5年以上継続して治療を受けて頂いている方限定、10年以上限定、20年以上限定...などといった一定の線引きをした上、それまでと同様の間隔で治療を継続させて頂くことになる。

よって、まだまだ先のことではありますが、全員が治療の対象になるわけではないという点につき今から一応お断りしておきます。

つまりは、治療の対象にならない方々にしてみれば、誕生日をもって実質的に私は引退ということになる。

ここまで書いたのでついでに申し上げれば、もし万一私が明日にでも急死した場合、気功治療院白樺のサイト運営及びメールのやり取りに使用しているパソコンについてはHDDを物理的に破壊するよう既に遺言してありますのでご安心下さい。

また遠隔気功治療に用いているあまたの写真も全て焼却処分するよう遺言してありますので、この点も併せてご安心下さい。